2016_03
20
(Sun)09:55

Twitterまとめ

こんにちは。久々にまとめてみました。
わりとたまっていてびっくりです。








炒めた野菜とスパイスの香りが漂う彼女の部屋で、僕はキッチンから聞こえてくる天気と猫と今日のメニューの話に適当に相槌を打ちながら携帯をいじっていた。

ごく自然に鍋の音に混ぜて彼女は言う。

「浮気しても言わないでね」

とても澄んだ声だった。

「私、殺人犯にはなりたくないの」



◆お題「浮気しても言わないでね」で






ぼくそっくりの君は、ぼくと違って右手でお箸が持てるし、パパと同じ場所にほくろがあるから、きっといい子。ママに怒られたりもしないでしょ。
なのにどうしてひとりぼっちなの?
どうして叩かれたあとがあるの?
鏡の向こうの君はぼくと同じように泣いている。


◆お題「鏡の向こう側」で






瑠璃の空に浮かぶ有明の月。凍てつくような風の中、鳥の声がかすかに聞こえる。

泣いている。あなたも誰かを呼んでいるのね。

靄がかかったままの頭で考える。脇息に寄りかかり目を閉じれば、再びうつつが溶けていく。

いきたいの。御簾の向こうよりもっと遠く。あなたが生きているところへ。


◆お題「夢乃」で





一度目は兄妹だった。
二度目は女同士だった。
三度目は生きる時間が違った。

輪廻の中で縺れた糸はほどけない。先が見えないままに手繰り寄せ、何度でも繰り返す。

目を閉じれば浮かぶ言葉。口にしたのはどちらだったか……

「運命を信じますか?」


◆お題「運命を信じますか?」その①






名前を調べました。
学校を調べました。
好きな食べ物を調べました。
お気に入りのアーティストを調べました。
よく行く店を調べました。
好きなタイプを調べました。
家を調べました。
この道を通る時間を調べました。

「運命を信じますか?」


◆お題「運命を信じますか?」その②






「私、あなたが好きって言ったことあるかな?」
彼女はあごに指を当てて、首をひねっている。
わざとらしい。お互いに言えないからこうなったのに。
誰もいない車両にたっぷりと西日が差し込む。ただ寄り添う影が見えた。


◆タグ「 #男女心中道行電車100字書き出し」で






これは一体、何の罰なのだろう。

凍てつくような風が吹く白い世界の中、二人もつれるようにして逃げてきた。

あと少しだった。理不尽な憎しみも悪意もすべて振り切ってきた。それなのに……

今、あなたの真っ赤な血は私を温めるように次から次へと溢れている。

お願い、目を開けて。


◆いただいた冒頭の一文で






それは、運命の恋だった。

大学在学中に出会った2人。彼には恋人がいたが、少しだけすれ違っていた。そんな時に彼女は落ち込む彼の相談に乗り、なぐさめ、そばにいた。

2人はいつしか惹かれ合い、付き合い、やがてみんなに祝福されて結婚した。真実の愛だった。




二股をかけられ、後輩にうらぎられ、泣き明かしたかつての恋人。2人とも大好きだった。

時が経ち心が痛むことはなくなったが、記憶は消えない。

幸せそうに笑う2人にフラワーシャワーを投げる。

それは確かに運命の恋だった。彼女はただ傍観者だっただけ。


◆唐突に思い付いて。運命の恋の傍観者の話。





Twitterだと気軽に書けるのがいいですね。お題なんかももらえたりしてとってもおもしろいです。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

どのSSも素敵です(^^)
自分は未だにツイッター使い慣れず、ただの個人的な呟きのツールになってしまっています…(汗)なかなかうまく使いこなせません。
楽しそうで羨ましい限りです(>_<)

2016/03/21 (Mon) 08:54 | 野津征亨 #- | URL | 編集 | 返信

Re: No title

野津さま


コメントありがとうございます。お褒めの言葉うれしいです。
そのうち慣れますよ、という私も使いこなしているとは言えませんが……
あちらでもよろしくお願いします。


吉川蒼

2016/03/23 (Wed) 21:10 | 吉川蒼 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック